正しいキャッシングの金利の見方

キャッシングを利用する場合には、金利の見方について正しく把握しておくことが必要です。

ここでは、正しいキャッシングの金利の見方についてご紹介しましょう。

キャッシングの金利は、4.0%~15.0%などというように金利の下限から上限までの範囲が掲載されています。

この範囲の中で、どのような金利が実際に適用されるかは、借入履歴や借入額によって違ってきます。

初めてキャッシングを利用する場合には、金額の大きなものを借入することはできないため、金利の上限に近いものが適用になる場合が多くなります。

金利の下限が適用になる場合は、大きな300万円、500万円などというような融資限度額を設定できるくらい、年収や返済能力の高さが認められる場合です。

しかし、普通の利用者の場合は、それほど金額の大きなものは借入することはできません。

融資額としては、10万円、30万円などというような場合が多くあり、このような場合は、金利の下限ではなくて上限に着目する方がいいでしょう。

というのは、金利の上限が低いキャッシング業者の場合は、別の業者に比較して低い金利で借入ができるようになるためです。

借入が少額の場合は、金利の上限が低いキャッシング業者を選択しましょう。



このページの先頭へ