カードローンとキャッシングの違いについて

カードローンもキャッシングもお金を借りることのできるサービスという点ではとてもよく似ています。

行っているのも同じ消費者金融や銀行で、なかには消費者金融が銀行グループの傘下に入っているケースもあり両者の違いを明確に意識するのは難しいかも知れません。

実際に、利用感覚においてもカードローンとキャッシングには大きな差はありません。

どちらもローンカードやキャッシングカードといった専用のカードを使ってATMからお金を借り出したり、また期日内に返済することになります。ですが、カードローンとキャッシングは実は法律的には別物であることは正しく認識しておく必要があります。

もっとも大きな影響があるのは総量規制という貸金業法によるルールの存在で、これはキャッシングにおいて借り入れの上限金額を年収の三分の一までと定めているものです。

この総量規制によってキャッシングの利用には強力な制限がかけられています。

一方、カードローンは銀行法に従うので総量規制の影響を受けませんが、それゆえに審査はより厳格に行われ利用には高い返済能力が求められています。一度利用を開始してしまうとその情報はずっと残りますから、申し込み前にはカードローンとキャッシングのどちらが自分に向いているのかをよく確認をしてからにしたいものです。


このページの先頭へ